スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイコー。







ガブママン、本日帰宅予定です。(予約投稿です)











・・・カブです。・・・

2011007050032.jpg


・・・カリカリ、美味しいです。・・・








・・・ロイカナのPHコントロール・・・

2011007040001.jpg


・・・サイコー・・・。







・・・実は・・・

2011007050013.jpg


・・・オレの皿の色は、 ブルー・・・。







スポンサーサイト

有難うございました。






ガブちゃん、5月7日の土曜日に火葬となりました。

本当に すっかり軽くなって 天に昇ったのだな。。。 という感じがします。



皆々様には 心のこもった お悔やみを頂戴いたしまして
本当に有り難うございました。



闘病中には 私を励ましてくださったり

お守りや お手紙、いろいろなお品物を送っていただいたり

2011005090038.jpg

また、


こんなにたくさん 素晴らしいお花をいただいたり

ガブちゃんの追悼記事を書いてくださった方々もおられて

2011005090001.jpg


本当に嬉しく、 有り難い思いでいっぱいです。






ガブちゃんは 人見知りも 猫見知りも 犬見知りもしないコでした。

あちらの世界で もしかして皆様のお知り合いの先輩がたにお会いしたら

その時は ぜひとも仲良くしていただけたらと思います。








最近カルちゃんが ガブちゃんからボスの座を引き継いだらしく、
今までしなかったことを 色々としてくれるようになりました。

今まで遠慮して生きてきたのね~・・・といじらしくも思います。


相変わらず アフロちゃんとは相性悪いですが
ニュー・カルちゃんには とても慰められています。


新しく買った バリカンの威力で 
私に “トラ刈りな ライオンカット” にされた カルちゃん・・・

この次 ご紹介いたしますね。







それでは皆様、ガブちゃんを応援していただいて
本当に 本当に有難うございました。





バイバイ。






5月5日   子供の日の木曜日


大王様、鹿児島へ帰りました。

そして私は午後からパートに出ておりました。

午後6時

家に帰ると カルちゃんが熱烈歓迎してくれました。
アフロちゃんも スリスリ大歓迎です。



ガブちゃんはどこにいるのかな?
ガブちゃ~ん? ガブちゃ~ん?と声をかけながら
お風呂場を覗くと


ガブちゃんは
ガブちゃんの魂は すでに旅立っていたようでした。
まだ体は温かく
目も口も開いたままでした。

私は子供たちが生まれたときに使ったおくるみのタオルでガブちゃんを包み
抱きました。






息子たちも 交代しながら抱きました。
私は今まで抱かせてくれなかったぶんを取り戻すまで抱くと思います。
今も こうしている間も2号が抱いています。





愛しています。
だけど、ガブちゃんの体はこの世で生きていくには
あまり居心地のいいものではなかったと思います。


生後半年で一度死にかけました。

ずっと酷い鼻炎でした。

アレルギー体質で予防接種も出来ませんでした。



だけど とっても人が好きな子でした。
愛しくて愛しくて かけがえのない子でした。

お散歩も大好きでした。
よそのお宅のお庭に入っていって お昼寝しちゃうような子でした。



もう苦しまなくていいから

暖かい芝生の上でお昼寝して欲しい

キラキラ輝く雲の上を 思いっきり走って欲しい

見たことないけど 真っ青な海が見える 白い砂浜にも行ってみて欲しい

冷たいサラサラのパウダースノーの雪だまりにもダイブしてみて欲しい



そして時どき お母さんのおなかの上でお昼寝して欲しい
お父さん大好きだよって スリスリしにきて欲しい



退院してから あまり苦しそうでなかったことが救いです。
安らかに眠ってください。


ガブちゃん いつまでも愛しています。






ご心配おかけしております。



点滴入院したガブちゃんでしたが

実は、肝臓の数値が一気に悪くなってしまったのと
腫瘍がいろいろな臓器に入り組んで大きくなってしまっていたことで
手術は無理だという結論に達しました。

2011005030010.jpg

我が家では 以前から自分たちに「もしも」のときがあった時、
延命のためだけの治療(処置)はしないで欲しいという話をしていたのですが

大王様から 「退院させて家で最後まで看取ってあげよう」と言われた時は
心臓が引き裂かれるようでした。

病院にいれば、点滴によって栄養がとれるので
多少長く生きられます。

うちに帰れば・・・


まだたったの5歳なのに・・
あまりにも早い突然のことで 打ちのめされました。






だけど、帰ってきたガブちゃんは穏やかな日々を送っています。

2011005030066.jpg

どんどん弱ってきてはいるものの
そばで ガブちゃんの温もりや 呼吸を感じていると
私の心も癒されます。


今はG.Wで大王様も帰ってきていますが
その数日前にも 滞在時間たった8時間半のために 鹿児島から
ガブちゃんに会いに帰ってきてくれました。

ガブちゃんは大歓迎でお迎えして、ずっと大王様につきっきりでした。
寝るときも隣りで寝ています。
(私は病院に連れていく人と思われたのか 愛、少ないです(T_T))


5日には大王様、鹿児島に帰ります。
あと何日 残された時間があるのか分かりませんが

静かに 大切に過ごしたいと思っております。






またしばらくご無沙汰すると思います。
申し訳ありませんm(__)m

セカンドオピニオン。

土曜日の夜になって
ガブちゃん 黄疸がでてきました。
具合も悪そう・・・


日曜日はいつもの動物病院がお休みなので
別のお医者さんに行ってみることにしました。

触診で「お腹に大きな固いものがあります。」と言われ
レントゲンとエコーの検査をしたところ、
かなり大きな塊が出来ていて、腸やいろいろな臓器を圧迫していて
食べられなかったり、吐いたりはそのせいだったようです。


とりあえず、血液検査の数値がかなり悪く(特に肝臓)
栄養失調から 体力も落ちていて いますぐ手術などの処置は出来ないので
点滴入院をして 回復を待ってから
どうするか考えましょうということになりました。


夜になって 面会に行きましたら
起きあがって甘えに来てくれました。
点滴のおかげで大分楽になったように見えました。


これほど大きな腫瘍が出来るには、だいぶかかっているはずなのですが
数日前、吐くまでは 元気で普通にしていたので
全く気付きませんでした。


これからどうなるのか 今は分からない状態ですが
先生とよく相談して 
ガブちゃんに一番いい方法を考えていきたいと思っています。






しばらくご訪問出来なくなると思います。
申し訳ありませんm(__)m
ガブママン
80x80_default.jpg
カルシファー(カル)

チンチラシルバー ♂
2006年8月15日生まれ。
見かけによらず 体育会系 
上下関係には厳しい
我が家のボス。
(故)ガブが好きでした。

アフロディーテ(アフロ)

スコティッシュフォールド ♀
2008年7月27日生まれ。
天真爛漫、好奇心旺盛な
紅一点 我が家の末っ子。

カブ
2011 01 05_0022(1) ノルウェージャンフォレストキャット 2008年4月28日生まれ♂ 2011年6月1日、ママン家にやってきました。 優しくてフレンドリーな10.2キロの食いしん坊さんです。
(故)ガブリエル(ガブ)

ノルウェージャンフォレストキャット ♂
2006年2月18日~2011年5月5日 永遠の5歳。
慢性鼻炎持ちで 人間には超甘えん坊だが、ネコには優しい
我が家のボスでした。 大天使ガブリエルになっても 皆を見守っててね。

tatsumyさん作
gabuchan1(2).jpg gabuchan2(2).jpg
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
最新コメント
はじめての方も大歓迎です。 お気軽にどーぞ!
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
石丸徳馬さん作
とまみささん作
タラさん作
3_afro.jpg
みやのじさん作
201012141443539de(1).jpg 201012141443521da(1).jpg 20101214144353b97(1).jpg
「東京ねこ街案内展」に参加いたしました。
4e657fc91285c3b91f21ddba4a675614.jpg 東京ねこ街案内展 Posted on 10月 15th, 2012
書籍に掲載されました。
07271423.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。